Skip to main content

A New Autonomic Nerve Regulating Therapy

Greeting ご挨拶

Inaugurated as chairman 会長就任

ご挨拶写真

I have been practicing Ryodoraku therapy (Ryodoraku Autonomic Nervous System Regulating Therapy) for many years. Ryodoraku Therapy that is a physical therapy to regulate autonomic nervous system with electro-acupuncture was pioneered and developed by late Nakatani MD. Although we, Physicians do not know acupuncture or Oriental theory, Ryodoraku therapy is easy to use in our daily activities. In addition, it can be applied on various symptoms. It works on the symptom that does not respond to the occidental medical treatment, because it increases self-healing capacity. Modern medical society has a tendency to consider value and preference of cutting-edge medicine. However, physician who has a close contact of the patient in every day gives first priority to cure the common disease and pain. Ryodoraku is surely great useful for this purpose. When I learn the limit of occidental medicine, Ryodoraku therapy gave me a magnificent healing power many times. I believe there is nothing so excellent like Ryodoraku as the complementary medicine. Ryodoraku therapy is very safe treatment method without any adverse effect. Therefore, Physician can apply this treatment on baby to elderly people, and they can receive it with ease. Moreover, this remedy can give us the entire body information, and we can give an appropriate treatment on the patient. Holistic medicine is reviewed today, and Ryodoraku medicine is the considerable remedy for the current modern medicine, I believe. The days when Nakatani MD was alive, Ryodoraku widely drew attention. Many physicians in not only Japan, but also in many foreign countries were interested in Ryodoraku, and it became popular. However, Ryodoraku treatment is rapidly disappearing in medical setting today. It is awfully sorry that the young MD and medical practitioners are losing the interest in Ryodoraku. We have a responsibility to make an effort not let the tradition die out, and should help the patient with Ryodoraku therapy. International Association of Ryodoraku Medical Science (IARMS) was established as a compilation of my Ryodoraku practice on patients. We will associate to offer the information of the practical treatment method to the purpose to be understood by common people. I wish our association activity can contribute to deepen the public understanding of Ryodoraku medicine.

Toshie Nakane, MD, Ph.,D,
Chairman of the Board General Corporate Judicial Person
International Association of Ryodoraku Medical Science (IARMS)

 

   私は長年にわたり、西洋医学の治療と並行して良導絡治療(良導絡自律神経調整法)をおこなってきました。良導絡治療とは、電気針などによって自律神経を調整する理学療法で、故中谷義雄先生(医学博士)が創始されたものです。
 良導絡治療は、東洋医学や鍼灸治療を知らない私たち医師でも手軽に日々の診療に取り入れることができ、しかも幅広い症状に効果があります。身体の自己治癒力を高める治療なので、西洋医学が効きにくい症状に対しても確実に効果を発揮します。
 医療の世界では、とかく最先端の医療に目が向けられがちです。しかし、患者さんと身近に接している私たち医師にとっては、日常のありふれた病気や痛みを治すことが最優先されます。そのとき、良導絡治療が大きな力になってくれます。西洋医学的治療に限界を感じたとき、私は何度も良導絡治療に助けられてきました。西洋医学を補完するものとして、これほどすぐれた医療はないと思っています。
 良導絡治療は副作用がなく、きわめて体に安全な治療です。したがって赤ちゃんからお年寄りまで、安心して治療を受けることができます。それは、私たち医師にとっても、安心して患者さんに提供できる医療である、ということです。
 しかも、これだけで患者さんの全身状態を把握でき、調整もできるのです。ホリスティック(全人的)医療が見直されている現在、良導絡治療は現代医療に欠かせないものと信じております。
 中谷先生がご存命の頃、良導絡治療は大いに注目を浴びました。良導絡治療に関心を寄せる医師も多く、日本国内はもとより海外にも広く良導絡治療が普及しました。
 ところがいま、医療の現場から良導絡治療が急速に影をひそめつつあります。良導絡に対する若い医師の関心が薄れ、それを日々の治療に生かそうとする医療関係者も減っています。良導絡治療に携わってきた者にとって、それは本当に残念なことです。
 残された私たちは、良導絡治療の灯を絶やさず、もっと大きな医療に育てる責任があります。そのための努力を惜しんではならないと思います。
 一般社団法人 国際良導絡医学会は、私がこれまでおこなってきた良導絡治療の集大成として結成したものです。医療関係者だけでなく、一般の方々にも良導絡治療を知っていただくために、研究のみならず治療の仕方にも関わってまいりたいと思います。本会の活動が、一般の方々の良導絡治療への理解を深める一助になることを願ってやみません。

一般社団法人 国際良導絡医学会
会長 中根 敏得

Secretariat 事務局

Professor's office 3301, Kurashiki University of Science and The Arts.
2640 Tsurajimamachi NishinoUra, Kurashiki Okayama, 712-8505 JAPAN.

〒712-8505
岡山県倉敷市連島町西之浦2640番地
倉敷芸術科学大学 3301研究室

info@iarms.org